転職先を決めないと悪いスパイラルにハマることも

転職をするのであれば先に転職先に内定をもらってから退職をした方がいいかもしれません。
というのも、先に退職をして転職活動をした人の転職先が見つからないというケースがとても多くあるからです。

失業状態が長くなるというのは自分の評価が下がる原因にもなります。
また、失業状態に慣れてしまい、仕事をするのが嫌になってしまうこともあるかもしれません。
そうでなくても、書類選考や面接に落ちるということを繰り返すことで自分に自信がなくなってしまうことは珍しくありません。

最近の日本では就職活動で就職できなかった若者の自殺が増えており、これは世界的に問題になっています。
若者でも就職先がないのですから、それこそ働き盛りを過ぎた世代の転職というのはさらに難しいものになることが予測できますよね。

若者の場合はスキルがないのが当然ですが、転職の場合はそれなりのスキルも求められます。
即会社に貢献できる人材であればともかく、そうでない場合は転職も厳しくなるかもしれません。

ですから、転職をしたいと考えているのであれば、先に転職先を決めてしまいましょう。
先に退職をしてしまうと、どんどん深みにはまってしまい抜け出せなくなることも十分に考えられますよ。

転職サイト おすすめ ランキング 熊本県の障害者求人 – クローバーナビ