医師は風邪をひかないの?

毎日たくさんの病人と接している医師の方も、人間ですから風邪を引くこともありますよね。
冬場はインフルエンザやノロ・ロタ、マイコプラズマ肺炎などの感染症も気になります。
感染力の強いものは、ものすごい勢いで蔓延しますよね。
医師はほとんど仕事を休むことができませんが、どうやって風邪の予防や対処をしているのでしょう。

私も冬場はマスクをするようにし、手洗いうがいは欠かしません。
それでも家族がもらってきた風邪をうつされたりして、冬の間中で2~3回は風邪を引いてしまいます。
特に人ゴミに行く回数が多いわけでもないです。
寝込むほどの風邪はめったにないですが、やはり鼻がグズグズしていて頭がボーっとします。

でも医師の方は毎日患者さんと話して、接触しますよね。
余程健康には気を使っているのでしょうか。
しかも忙しくてゆっくり急用をする暇もないということだってありそうです。
頭がしっかり働かないような体調の悪い状態だと、診察にも支障が出そうですし、きっと万全な対策をしているのかも。
風邪の診察の際は薬の説明や体の状態の説明が主で、風邪を予防したり対処したりする方法について触れないことが多いです。
健康の秘訣や風邪を早く直す方法、今度是非を医師の先生に聞いてみたいですね。

産業医 転職 【常勤】神奈川県産業医 | 求人情報 | MEDICAL HOLOS